酵素とは?


スポンサーリンク

酵素とは?

(人気記事)10日間で○kg痩せた酵素

命あるものすべてに含まれている酵素ですが、酵素の種類は現時点では約3000種類があるといわれています。

酵素があるという事は、ビタミンやミネラル、カルシウムなど体に不可欠な栄養素を体の中で活性化させる事が出来る訳ですが、酵素を効率よく体の中で高めるには、酵素が十分に含まれている食べ物になってくる訳です。

酵素が十分に含まれている食べ物としては納豆やみそ、糠付け、生野菜、果物などになる訳なのですがこういった酵素がたくさん含まれている食べ物を「食物酵素」といいます。

酵素を高めるメカニズムとしては、外部摂取からとる食物酵素の他にも体の中に生まれた時からもっている潜在酵素をムダ使いしないように日々の生活リズムに気をつける事にあります。

潜在酵素とは、1日の生産量は少しで体内でしか作る事が出来ない酵素力になっている訳ですが、潜在酵素の働きとしては古くなった細胞の再生や、体の中の毒素の排泄、食事などからの栄養の消化や吸収などをおこなっています。

生活リズムを整えて体の中にある酵素をムダに消費しない方法として、覚えておかなければいけないのが夜8時から朝方4時は体の中で吸収と代謝の時間になっているという事です。

この時間帯に食事の摂取をおこなってしまうと消化する為に働く消化酵素は忙しくなり胃腸を休める時間なのに全く体はリセットが出来ない状態になる訳です。

人間の体の免疫機能の8割は腸管に存在する訳ですが、腸を休ませるという事は酵素の消費を抑えるだけじゃなく免疫力のアップにも繋がるので本来の機能が回復された体は酵素が働き健康や美容にまで色々と体の機能に良い相乗効果を与えてくれます。


スポンサーリンク



ページの先頭へ