酵素とは?


スポンサーリンク

酵素とは?

(人気記事)10日間で○kg痩せた酵素

消化酵素と代謝酵素は人間の体の中にある2大酵素といわれていて、酵素の働きがあって私達は初めて生きているという事を実感出来る訳なのですが、消化酵素の働きとは一体、体にどのように働いているのかをご説明致します。

消化酵素が働いている部分には、「口」「胃」「膵臓」「小腸」などがある訳なのですが、消化酵素の大きな役割としては食べ物の消化と吸収にあるので、食事をした時に、口、胃、膵臓、小腸などがどのように働いているかを知る事で酵素についてより深く勉強する事が出来ると思います。

口にある消化酵素は唾液(だえき)の中に含まれているアミラーゼ(プチアリンともいいます)という、分解出来る消化酵素が働いています。

胃にある消化酵素は胃液の中に含まれるペプシンと呼ばれるものが分解に働いています。

膵臓にある消化酵素はすい液が分解能力の働きがありますが、すい液の分解能力は非常に高く特に炭水化物・脂質・たんぱく質を分解する能力などがあるので消化酵素の働きにおいては重要な役割をもっている訳です。

小腸にある消化酵素は腸液にある訳なのですが、こちらも、炭水化物やタンパク質を分解する消化酵素が働いています。

消化酵素は、主に食べる行為により消費される酵素な訳ですが、体の中を分解してみるとあちこちで消化と吸収の役割を酵素力を使用して行っているので、20歳から減少しやすい酵素を食物酵素で補いたい方であれば消化酵素の体との関わりも把握してみると良いでしょう。


スポンサーリンク



ページの先頭へ